読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本音で語る日本の社会

日本で話題になっている、様々な最新テーマについて、本音で批判します。

「社畜」とも言われる日本のサラ―リマン。その原因は、国民そのものが「国畜」だからである。

どうも。チュインです。

 

さて、今回は日本人特有の言葉でもある、社畜について語りたいと思います。

ウィキによると、

 「社畜とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思良心を放棄し奴隷家畜)と化したサラリーマンOLの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。」とされる。

 

 つまり、社畜は、自分自身が経営人によって理不尽な待遇を受けているにもかかわらず、逆らうことをやめ、行動することを諦めた人々のことを言います。

 これは大企業や中小企業問わず、幅広い規模・業界のサラリーマンに該当するような、ある意味普遍的な社会現象と考えても無理はありません。

 

 ここで、私は疑問を感じました。

なぜ、ここまで社会現象にもなるような状況にまでなったのか?

単なる個人の問題というよりも、国民性に原因があるのではないかと。 

 

 考えてみたら、ありました。

 そう、日本人の国民性自体が、上に逆らわず多少の理不尽があっても我慢する体質であることです。その具体的な事例が、今の政権に対する完全なる「無関心」です。

 

 今、政治の世界では、森友学園問題や加計学園問題などの大きなスキャンダルが

相次いでいます。それだけではなく、テロ等準備罪などに象徴される様々な法改正、

憲法改正の議論もあります。

 

 各問題がヒートアップする度に、メディアでは多くの有識者による批判あるいは擁護の声が多数発生していますが、国民レベルで嘆願書を提出したり、抗議デモを行うようなことは一切ありません。

 国民全体でのレベルですよ。市民団体のレベルではありません。

 

 勘違いしてもらいたくありませんが、別に今の政権のスキャンダルないし法改正に対して無条件に反対しろと言ってるわけではありません。その逆もそうです。

 森友問題の件でよく聞く政府擁護者の声として、

  「そんな些細なことで国政を遅らすな!もっと大事なことがあるだろう!」とか。

  「仮に本当だとしても、だからなんだ!自民党に代わる政党もないんだし、このままでいいよ」というものをよく耳にします。

 

 まぁ、どのように受け止めるかは、個々人の考え方の問題なので、別にいいですが。

 でも、そこまで言うなら、

   何か、行動でも起こせばいいんじゃないの?って思うわけです。

 

 とあるネット掲示板やコメント欄に書くのも自由ですが、

ふっちゃけ、そんなんで世の中変わりますか?

 その程度の意思で、本当に自分の思い通りになると思いますか?

 

 ならないでしょう。

 

 憲法改正の問題もそうだし、集団的自衛権の行使の問題もそうですが、かなり日本国民全体にとっても重要な議案があるわけですよね。

 

 でも。何もやらない。せいぜい選挙があったときに投票するだけ。ネット掲示板で文句を言うだけ。あまりにも受動的で、消極的で、陰湿です。

 

 結局、賛成反対かかわらず、いろいろ不安や文句を言ってる割に、

お上の最終決定に身をゆだねるわけです。結局、政治家やマスコミに丸投げなんですよね。そのくせ、自分の気に入らないことを言う人がいれば、炎上レベルまで批判しまくる。ネットの世界だけで(笑)

 

 情けない話だと思いませんか?

政府野党議員なんかに、批判ばかりして全然国政が進まないじゃないか!という話は

非常に良く聴きますが、

 いや、お前らも同じだろう。何自分だけは賢くて気品あるつもりでいるんだよ。って思うんですよね、私は。少なくとも、行動で示している政治家のほうが全然ましに見えます。

 

 ここで、冒頭に戻りますが、

この構図って、会社の中と非常に似てませんか?

 無能な管理職や経営人を影では批判したり、バカにしている割に、自分たちはなにもせず、結果的に理不尽を受け入れ続けています。

 それじゃ、環境が変わるはずもないです。当たり前の結果ですよね。

 

 だから、結局社畜根性というのは、「国畜根性」に由来するものだということです。

 まぁ、今のところ、それが改善する見込みが無いのが悲惨なところであり、

日本の衰退を物語っているとも言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトバンクが中国に巨額投資したからといって猛批判する連中は負け組である。

どうも。チュインです。

 

ソフトバンクが中国の滴滴出行に5000億円を超える巨額投資を行うことを

発表しました。

滴滴出行は中国の配車アプリ業界の最大手の会社で、これは米国のウーバーを

牽制するためのソフトバンクによる包囲網構築の一環で行われているものです。

 

つまり、ソフトバンクは配車システムの将来性を高く評価し、配車システムの最大手クラスである滴滴出行に出資したわけです。

 

にもかからわず、これに対して猛烈な批判を行う連中が残念ながら存在します。

その投資の是非について客観的な根拠を用いて批判するならともかく、

孫社長に対する人格批判にまで及んでいます。特に、国籍をネタに売国奴扱い(笑)

そんなにお金があるなら、日本に投資しろとか、携帯料金を下げろとかなど、

もう言いたい放題ですね。

 

私からみたら、完全に乞食根性丸出しですけど。

 

日本に投資? そもそも日本のどの企業に投資するんですかね?

そんなに批判するなら、せめて投資すべき企業の名前でも言うべきでしょ。

ただでさえ、人口減少でマーケット自体が小さくなっているのに。

 

携帯料金を下げる? 

なんで?

この手の批判をする人は、当初通信費の値下げをスローガンにソフトバンクが参入していたことを持ち出します。もともとの企業理念はそれなのに、何で今は何もしないんだ!ってね。

 

いやいや。

あくまで当時において、通信業界の弊害を解決しようと思って発したスローガンであって、別に企業理念でもなんでもないです。

企業は非営利組織ではないので、値下げを行うならばその分を補てんできる代案を用意してから行うものです。ただ単に儲かったから値下げしろっていうことは非合理な選択なわけです。

かるということは、その分企業は原価以上の付加価値を提供していることを意味します。付加価値の額こそが、企業の存在価値であり、企業価値なわけです。

もしそんなに割高な料金体制なら、そもそも儲からないでしょ。

誰も利用しないわけだから。

 

一番ひどい連中は、人格批判する連中です。

おそらく最初からソフトバンクが嫌いだから、批判ありきの批判になるでしょうが。

でも、それならその批判こそ何の価値もありません。建設的な批判ではありませんから。

 

で、なぜこのような批判ばかりする連中は負け組かというと、

批判を言うだけで、まったく行動が無い点です。

本当に不合理だと思うなら、昔のソフトバンクのように、事業を立ち上げて

業界に参入して寡占状態の業界を壊すべきです。

それをしないなら、結局誰かがやってくれるまでひたすら待つだけの人生になります。

まさに、負け組ですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の幸せ投稿にいらついて炎上させる連中は、被害妄想の異常者である。

どうも、チュインです。

 

最近SNSが発達して、多くの人が自分のことを不特定多数の人々に公開しています。

わざわざ公開する内容であるがゆえに、自身のよかった出来事や幸せ投稿をする人も

多いです。

 

それ自体は別に悪くないですが、なぜかこういう投稿に被害妄想をする人がいます。

たとえば、結婚して幸せ!という投稿に対して、

独身なら幸せではないというの?とか。

結婚したからといって、必ずしも幸せになるとはかぎらないとか。

 

非常に攻撃的ですよね。

こういう書き込みをする人は、嫉妬や気に食わないという感情が原因になる場合が

一般的です。

 

あるいは、自分の正義感から批判する人もいます。

たとえば、あなたのその投稿内容は、間違っている。

ゆえに、俺が正しい方向に導かせるために、あなたのために批判しているんだよ!的な

 

要は、批判する人というのは、前者のケースであれ後者のケースであれ、基本的に自分の価値観からはみ出していると、「思い込んでいる」人々なわけです。

 

たとえば、さきほどの結婚報告の投稿に対して、独身の自分が見下げられたと感じたりするのも、思い込みの典型的な一例です。

 

こういう行動を、我々は「被害妄想」と呼びます。

 

そして、被害妄想をする人は、基本的に社会性が欠如し、相手の言動に過剰反応をするので、普通の人とは違います。

いわゆる「異常者」ですね。

 

炎上で苦しんでいる人々は、

こういう異常者に対して基本的に無視することが得策です。

どうせ何を話しても、被害妄想して自分の有利な方向に自己洗脳するような連中なので

相手しても時間の無駄だからです。

 

こういうことが、社会問題になっている時点で、日本も相当余裕の無い

社会になっているんだなぁと感じますね。

 

 

 

 

日本社会の、クレームへの過剰反応は、メディアが助長している。

おはようございます。チュインです。

 

日本では、過剰なクレーム問題が多いと認識しています。

 

電車の車掌が水を飲んだことに文句を言ったり、園児たちの声がうるさいから幼稚園や保育園などの建設を反対したりなど。

また、サービス業に従事している人であれば、客からのとんでもないクレームの逸話も

ずいぶんあると思います。

 

では、なぜ、このようなクレームをつける人が多いのか。

気になりませんか?

別にクレームをつけたことのある人を対象としたアンケート調査などはやったことがないので、これは、私の仮説になりますが、

 

マクロ的な視点からみると、大まかな原因はメディアにあると思うんですよね。

 

・不祥事を起こした芸能人への批判

・不祥事を起こした政治家への批判

・たいした実績もない評論家をつれてきて、芸能人や社会を批判したり(おっと、ここは俺も同じかな!?w)。

・ワイドショーやお昼の番組とかで、芸能人が芸能人を批判する様子や、政治家が政治家を批判するような、プログラムを作って流したり

 

などなど。ある意味、メディアこそが、人が人を批判するような場を作っていると思うんです。それが、正しいか正しくないかは別として。

 

特に、人が人を批判する時というのは、相手の言動が気に食わないから批判するわけです。単にそれだけ。一応、それっぽい理屈をつけてはいますが、所詮は自分自身の価値観と照らし合わせて、間違っていると「判断」したら、もう容赦なく批判するわけです。

 

そして、このような批判のやりとりをメディアは、あらゆる番組、雑誌、新聞の社説などで、その批判のやりとりを、読者に見せているわけです。読者がその影響を受けないはずがない。なぜなら、メディアから発する意見に賛同する者と、反対する者は必ず出てきますし、そういう人たちがまた互いを批判し合うからです。

 

それだけではありません。

批判だけするなら、まだましですが、実際に自分の思い通りになるように仕向けることがやっかいなところです。

 

たとえば、最近、復興大臣が失言によって辞任しました。これだけではありません。なんか失言でもしたら、その人たちは追い詰められ、謝罪を要求され、責任を取る形でやめさせられます。これは、政治家だけではなく、芸能人やちょっと社会的な地位のある人が対象とされます。

 

つまり、過剰な批判、過剰なクレームによって、実際に社会的な地位のある人々をさんざんとこき下ろし、しまいには表の舞台から消します。

要は、実績を生んでいるんですよ。クレームによってね。

 

批判と批判による成果の獲得のシーンを、メディアを通して見せられた人々はそれに影響され、結果的にクレーマーを生んでいると思っています。

 

本当は、失言程度で政治家は辞任する必要はありません。なぜなら、どのみちそこに付け込んで批判する人は、メディアに出てる評論家であって、普通の国民はそこまでしません。多少怒っても、辞任させるためのデモなどはしないから。日本人はそうでしょ。

 

でも、やめさせられる。ネチネチと裏で電話かなんかでクレームをつける人や、しつこく批判する記者や評論家のせいで、イメージが悪くなるから、やめざるをえないという判断になるだけですから。

 

国民の大半は、そこまで実際は興味はないんです。まぁ、今回は震災の件での失言でしたから、普通の失言とはまた質が違いますがね。

 

とにかく、

 ①お互いを批判しあう、場を提供するメディアと、

 ②メディアの批判に安易に屈してしまう、社会的地位のある人

のせいで、自分がクレームをつけてそれに対応するのは当たり前だ!みたいな風潮を

作っていると思いますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご挨拶。

はじめまして。

ブロガーのチュインです。

 

記事を作成する前にこのブログの目的について書きたいと思って投稿しました。

目的は、「日本社会の中で存在するあらゆる賛否両論の話題に対して、本音で語る」

ことです。

 

というのも、賛否両論が激しくなるような話題というのは、なんだか感情論で物事を

語る場合も少なくありません。また、多数の意見対少数の意見の場合は、多数の意見が

少数の意見を力づくで潰してしまうこともあります。

 

このようにバランスの欠いた議論が、特にネットを中心に行われていることをたびたび

目にしたので、あえて、客観的な立場から、本音で語りたいと思うようになりました。

 

なので、このブログでは、社会的にも話題の多いケースを多く扱っていきます。

できるだけバランスを保った議論になるように、自分独自の視点を入れながらも、

客観的に日本の社会について語りたいと思います。

 

よろしくお願いします。

広告を非表示にする