本音で語る日本の社会

日本で話題になっている、様々な最新テーマについて、本音で批判します。

人の幸せ投稿にいらついて炎上させる連中は、被害妄想の異常者である。

どうも、チュインです。

 

最近SNSが発達して、多くの人が自分のことを不特定多数の人々に公開しています。

わざわざ公開する内容であるがゆえに、自身のよかった出来事や幸せ投稿をする人も

多いです。

 

それ自体は別に悪くないですが、なぜかこういう投稿に被害妄想をする人がいます。

たとえば、結婚して幸せ!という投稿に対して、

独身なら幸せではないというの?とか。

結婚したからといって、必ずしも幸せになるとはかぎらないとか。

 

非常に攻撃的ですよね。

こういう書き込みをする人は、嫉妬や気に食わないという感情が原因になる場合が

一般的です。

 

あるいは、自分の正義感から批判する人もいます。

たとえば、あなたのその投稿内容は、間違っている。

ゆえに、俺が正しい方向に導かせるために、あなたのために批判しているんだよ!的な

 

要は、批判する人というのは、前者のケースであれ後者のケースであれ、基本的に自分の価値観からはみ出していると、「思い込んでいる」人々なわけです。

 

たとえば、さきほどの結婚報告の投稿に対して、独身の自分が見下げられたと感じたりするのも、思い込みの典型的な一例です。

 

こういう行動を、我々は「被害妄想」と呼びます。

 

そして、被害妄想をする人は、基本的に社会性が欠如し、相手の言動に過剰反応をするので、普通の人とは違います。

いわゆる「異常者」ですね。

 

炎上で苦しんでいる人々は、

こういう異常者に対して基本的に無視することが得策です。

どうせ何を話しても、被害妄想して自分の有利な方向に自己洗脳するような連中なので

相手しても時間の無駄だからです。

 

こういうことが、社会問題になっている時点で、日本も相当余裕の無い

社会になっているんだなぁと感じますね。