本音で語る日本の社会

日本で話題になっている、様々な最新テーマについて、本音で批判します。

新卒一括採用に潜む問題は、あくまで採用時期が問題なのであって、廃止すべきシステムでは無い

どうも、チュインです。

 

今回は新卒一括採用制度の是非について語っていきます。

新卒一括採用はご存知の通り、企業が新卒の採用を大学4年時に一斉に採用する動きのことを指します。そして、大学4年以前に行われるインターンシップ制度では、なるべく本採用に直結しないような取り組みを行っています。

 

この新卒一括採用には様々な批判があります。

新卒時期を逃すとなかなか採用してもらえないとか、

学業の妨げになるとか、

実質的にインターンで青田買いが行われている中でもはや意味がないとか、

優秀な人材なら、早めに採用できるような多様性のある採用制度にするべきとか、

いろいろありますね。

 

しかし、本当に新卒一括採用制度を捨てて、本当に自由な採用制度にしていいのか?

 

私は疑問を感じます。

 

新卒一括採用をやめるということは本質的に学生にメリットがありません。

まず、採用時期において既卒の学生や社会人が新しい競争相手として登場します。

今までなら、同じ新卒の間でのみ競争をすればよかったものが、既卒や社会人との競争が加わることでより熾烈な競争の中で就職活動を行うことになります。

ただでさえ、大企業の内定は狭き門なのに、これ以上競争が激しくなれば

学生にとっては無意味でしょう。

 

実際に働いた経験がなくて本当に行きたい業界や企業が見つからないという声があります。だからこそ、1回どこかで働いてみて合わなかったら気軽に転職できる社会を

作り、そのための解雇規制をなくし、新卒一括採用を無くすべきという意見があります。

 

しかし、これは言うほど簡単ではありません。学生と違って、社会人経験のある人は、必ず面接で具体的に何ができて、どうやって実現するかを論理的に説明できないといけないのです。

学生は社会人経験がないから熱意などを重視されますが、社会人出身は具体的なスキルと目標意識が求められます。学生のように中途半端なありきたりの志望理由では、せっかく社会人の経験をしたのに、学生と変わらないし、ポテンシャル無さそうって企業に見られるだけなんです。

これで、本当に自由に転職できると思いますか?

 

結局、今の新卒一括採用の諸問題は開始時期をずらすだけで十分な効果を発揮します。

具体的には、

① 開始時期を大学卒業後の1年間に設定し、完全に学業と切り離して100%就活に専念できる環境を作ること

:新卒の入社時期を卒業1年後の4月に設定すれば、青田買いも抑制できます。早めに採用したところで、入社が卒業1年後なら企業としては早めに採用した意味がありませんし、その間にいくらでも内定辞退もできるので、企業が早めに採用活動を行うメリットを抑制することができます。

 

② インターン採用の解禁を行うこと

インターン採用の解禁をすれば、学業の妨げになるのでは?と思う方もいると思いますが、心配無用です。卒業もしていない人を正社員として採用する企業はほとんどありませんし、学生の身分でも採用したいと思われるような人は、天才肌のごく一部にすぎないので、一般の学生とは縁のない話です。ただ、企業側にとっても天才肌の人なら早めに採用したいと思うはずなので、これは企業側を配慮した施策になります。

:なので、普通の学生は自由に学生生活を謳歌すれば大丈夫なのです。

 

新卒一括採用は、ごく普通の学生でも相対的に低競争で就職できるチャンスを担保しています。この制度を無くすということは、完全競争システムに移行するということであり、学生にとってはメリットがありません。

むしろ、今まで以上に大企業に入りづらくなるだけなのです。

学生のみなさんは、それでいいんですか?ということなんですよ。結局は。