本音で語る日本の社会

日本で話題になっている、様々な最新テーマについて、本音で批判します。

週休2日ー8時間労働VS週休3日ー10時間労働。 あなたの選択は?

newspicks.com

 

どうも。チュインです。

 

久しぶりの記事になりました!

お元気でしたか?

 

さて、今回は週休制度がテーマです。

News Picksでは、週休3日制の企業が増えている様子をまとめた記事が載せられていました。この記事に対して、いろいろなコメントがありますが、

はたして、2日制と3日制。

どちらが良いでしょうかね??

 

 

まず、2日制の場合。

1日9時始業ー17時終業と仮定

昼休み1時間と仮定

実質労働時間:7時間

通勤片道30分距離の人を仮定:往復1時間

合計:9時間拘束(うち、労働時間7時間)

3日制の場合。

1日9時始業ー19時終業と仮定

昼休み1時間(+30分):計1時間半と仮定

実質労働時間:8時間半

通勤片道30分距離の人を仮定:往復1時間

合計:11時間拘束(うち、労働時間8.5時間)

 

残業無しを想定した場合、実際、実質労働時間は1,5時間程度しか差がありません。

ぶっちゃけ、今のところ、残業で1時半ぐらいやるのは、全然珍しくもありません。

週休3日としても、1日に2時間プラスすれば、総労働時間では変わらないから意味がないという人は、労働の現実を理解していないようです。

 

ましてや、通期時間が片道1時間もなれば、帰る時間はその分夜遅くなりますが、

その分残業はなくなります。なぜか?

10時間労働で残業すれば、それは深夜残業になるからです。

むしろ、経営者は10時間労働をさせるがゆえに、深夜残業をさせないようにするはずです。10時間労働で残業させたら、割増賃金が発生しますから、むしろ、週休2日制よりも「残業」にあたる時間は減少することになります。

 

じゃ、労働者にとっては、デメリットか?というとそうでもありません。

実際今は、休み 仕事 仕事 仕事 仕事 仕事 休みが、

     休み 仕事 仕事 休み 仕事 仕事 休みになるからです。

 

わかりますか?

 

5日連続勤務が。

 

2日連続勤務になるんですよ。

 

これって、相当インパクトあるでしょ?

 

たっての2日連続。

 

実際、

8時間労働で中途半端な時間にかえっていることよりも、

2日がっつり仕事して、1日休んで、また2日がっつ仕事したほうが

メリハリのある生活になる気がします。

 

News Picksのコメントには、

労働者自らが働き方を選べるのが真の働き方改革だ!という意見がありますが、

残念ながら、それは絵空事です。

 

日本人にそのぐらいの自己主張が強い国民だったら、

そもそもこんな働き方改革が盛り上がるようなこともないはずだからです。